演習2回目

先週,連休の合間に2回目の演習がありました。今年からはじめて「コミュニケーション・カード」なるものを導入してみました。毎回,学生さんの感想を知ることができますし,出欠確認にもなります。この日はアセスメントの信頼性と妥当性に関する内容でしたが,2年生にはちょっと難しかったことがカードから分かりました。臨床心理学の演習というよりは,調査法のようでしたが・・・次回からは,2年生も理解できるように工夫しないといけないですね。

あまり受け身の授業にはしたくないと思って,ちょっとしたグループワークをおこなってみました。テキストに掲載されていた「ベースボールの審判」の写真と信頼性との関係について,4・5人ごとに議論してもらい,200字以内で発表してもらいました。自分の言葉で表現しようと考える時間がこれだけあれば,信頼性に関する知識も定着するのではないかと期待します。今後もこのようなワークを取り入れた授業にしたいと思います。