Fredrickson & Branigan (2005)

今日の「ポジティブ心理学」では,ポジティブ感情とネガティブ感情の機能について話しました。ポジティブ感情の拡張ー形成理論を提唱したフレドリクソンのおこなった実験(Fredrickson & Branigan,2005)を説明する前に,感情操作の簡単なデモンストレーションをおこなってみました。はじめてやったのでうまくいくか心配でしたが,感想を読む限りでは,ポジティブ感情を喚起させて思考が広がったことを実感できた学生さんが多かったようです。自分のネガティブなところを克服したい,ポジティブになる方法を知りたい,という動機づけでこの講義を受講した方が多かったのですが,今日の講義を通じて,ネガティブ感情・ポジティブ感情のそれぞれに役割があること,だからこそネガティブさを克服しようとするのではなく,両方のバランスを保つのが大切であることを今回理解してもらえて良かったです。次回は,ネガティブ感情・ポジティブ感情の黄金比,ネガティブ感情との上手なつきあい方についてお話しようと思います。その後は学習性無力感理論,防衛的悲観主義の話をして,この講義をおしまいにしようと思います。あと5回です。先が見えてきました!

3年生の研究計画発表会

先週,心理学コースの3年生による研究計画発表会が付属図書館オープンスタジオでおこなわれました。暑い空間で熱い議論が繰り広げられました。ポスター発表は,4年生も3年生も自由に意見を述べてディスカッションできるため,講義室でパワポを用いておこなう発表会よりも個人的には好きです。4年生にもなるとなかなか鋭い意見が言えるようになっており,学生さんの成長ぶりに微笑ましく思ったりします。来月はどんな発表になるのか楽しみです。

「ビューティフル・マインド」と「べてるの家」

今日のポジティブ心理学の講義では,北海道の施設「べてるの家」をとりあげた報道番組の動画を視聴しました。前回・前々回は「ビューティフル・マインド」という映画を2回に分けて見ました。この映画は,主人公が統合失調症を発症しつつも妻や友人に支えられながら生活し,ノーベル賞を受賞するというストーリーです。こちらの意図としては,ポジティブ心理学で取り上げられているような人間の強さやレジリエンスについて考えてもらえたらと思っていたのですが,感想を読むとそれだけではなく,統合失調症って怖いという印象が強かったことがわかりました。そのため,精神障害は特別なことではないということを理解してもらうため,実際の患者さんの様子をみてもらい,映画で受けた印象を払拭してもらいたい,というねらいがありました。

今日の感想を読むと,映画の印象が変わったという声が多く,ほっとしました。今回は映画を講義で見ることのメリット・デメリットを教員として学びましたが,感想を書いてもらわなかったらこのことには分からなかったので,面倒でも毎回感想を書いてもらうことは必要だと感じました。

その後,本来の講義内容に戻り,幸福感とGDPの国際比較研究を紹介し,幸せとは何かについて考えてもらいました。クイズ形式?で各自回答を書いてもらいつつ進めましたが,案外このスタイルは好評だったようです。一方で,私語がうるさくてじゃまだったという感想もありました。教養の講義なので,興味のない学生さんも中にはいるのでしょうね。教養の講義ははじめてなので,いろいろと試行錯誤しながら進めていく感じです。

来週は都合により休講です。講義の終わりにそのことを告げると喜びの声があがっていました。最近は昔ほど休講がなくなりましたね。私が城内で教養を取っていた頃はしょっちゅう休講があったものです。時代は変わりますね。受講生の皆さん,来週は各自で有意義な時間をお過ごし下さいませ。